レーザー脱毛を受けることのデメリット

他の脱毛に比べ痛みがある

レーザー脱毛は半永久的にムダ毛が生えなくなる永久脱毛の効果があるとして、煩わしいムダ毛の自己処理から解放されたいと全身脱毛プランを契約する人も少なくありません。ただ、レーザーでの全身脱毛を受ける上で、知っておきたいデメリットがあります。そのデメリットとは脱毛時の痛みです。 レーザー脱毛は肌にレーザーを照射し、毛根部分にレーザーの熱ダメージを与えることでムダ毛を処理します。レーザーは毛根を破壊するほどの威力があるため、永久脱毛の効果はありますがその分、痛みも強いのです。特に脇やVIOは痛みがあると言われています。 ですが、医療機関でのみの脱毛法ということもあり、クリニックによっては痛みを感じる患者さんには、麻酔をしてから施術を行うケースもあります。痛みへの不安が強い人は麻酔でのケアを受けられるクリニックで、全身脱毛を受けると良いでしょう。

人気クリニックだと予約が取りにくい

レーザー脱毛のデメリットとしては、人気クリニックだと予約が取りにくいという点も挙げられます。脱毛サロンの場合、都心部であれば近くに何店舗かオープンしているケースも多いですが、クリニックは基本そのエリアに1医院という場合がほとんどです。 人気クリニックだと施術を受けたい人が殺到し、予約がなかなか取れないという事態に陥ることも少なくありません。レーザー脱毛は毛周期という、体毛が自然と生えたり抜けたりを繰り返す周期に合わせて施術を受けることが効率的に脱毛を進めるポイントとなっています。予約が取りにくい人気クリニックだと、毛周期に合わせて施術が受けられないという点はデメリットと言えるでしょう。 また、脱毛サロンと比較すると全身脱毛の費用が高めという点も、デメリットに感じる人もいるかもしれません。